(らく)

秘伝の味噌鍋で味わう柔らかな名古屋コーチン

楽

町屋の粋な佇まいの知る人ぞ知る穴場の名店。昭和6年に創業した料亭「香楽」の分店で、茶屋だった建物を利用して昭和44年にひらいた。席はすべて畳敷きの個室で、歴史を感じさせる和の空間。料理はコースのみの完全予約制。

名物の「楽鍋」は、八丁味噌ベースの味噌ダレを鶏スープで割り、名古屋コーチンをぐつぐつ炊いて仕立てた味噌鍋。秘伝の味つけは創業時から変わらず、黒光りする平鍋も当時特注したものを使用しているという。

黒っぽいつゆは濃く辛そうに見えるが飲んでみると、ふくよかな甘さでコクがある。コーチンはモモ、ムネ、手羽、肝、砂肝、心臓の部位を使い、ぷりぷりとした歯ごたえからしっかりした旨みが口に広がる。

最後の締めは、煮込んでつゆの甘みを吸ったきしめん。コースは、付き出し、霜ふり、きしめん、ご飯、香の物、果物がつく。かしわ料理、魚料理の会席もある。

楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽
店名
地域 栄・矢場町
営業時間 12:00~22:00
定休日 日曜・祝日
TEL 052-951-1125
所在地 名古屋市中区錦三丁目9-29
席数 個室のみ
アクセス 地下鉄東山線・名城線「栄駅」より徒歩8分 地下鉄桜通線・名城線「久屋大通駅」より徒歩8分
駐車場
備考

席はすべて個室
完全予約制
サービス料15%

ページのトップへ